利府こども発達センター

 平成29年6月に利府こども発達センターと同じ敷地に事業所が完成、7月より下記の事業を実施しました(実際は29年4月に利府こども発達センター内で事業開始)。

  1. 地域拠点センターふきのとう(塩竈市・多賀城市・松島町・七ヶ浜町・利府町委託事業)
  2. 地域定着支援たんぽぽ(事業所番号:043260127)
  3. こども相談支援つくしんぼ(事業所番号:0432610038・0472610047)
  4. 宮城県障害児等療育支援事業あとれ(宮城県委託事業)

スタッフ体制

園長(利府こども発達センター長兼務) 1人
副園長(ふきのとう・たんぽぽ・つくしんぼ管理者) 1人 メインコーディネーター
地域拠点センターふきのとう 相談支援専門員 1人
相談員 1人 コーディネーター
地域定着支援たんぽぽ 相談員 1人  コーディネーター
こども相談支援つくしんぼ 相談支援専門員 1人
宮城県障害児等療育支援事業あとれ 療育相談員 6人 専任1人、ほか兼務

地域拠点センターふきのとう

 第4期市町村障害福祉計画に位置づけされた「地域生活支援拠点等の整備」として、塩竈市・多賀城市・松島町・七ヶ浜町・利府町の2市3町から委託を受けた事業です。県内でも初めての設置であり、下記の3つの機能があります。

◆地域生活支援コーディネート機能

《対象》
 委託2市3町にお住いの障害をお持ちの方で、主な介護者の不在(急病や葬祭等の急用)により、一時的に通常の在宅生活を送ることが困難となる方。
《支援内容》
 常時の相談体制をとり、下記の支援を行います。
 ◈ 緊急駆け付け→自宅への駆けつけ、下記の地域定着支援たんぽぽを活用
 ◈ 緊急受け入れ→みんなの家で緊急受け入れ
  ※ 2市3町の委託によりみんなの家の居室1室を常時開けておきます。
  ※ 原則登録が必要です。登録希望の方は居住市町の相談支援事業所または福祉課窓口にご相談ください。

◆基幹相談支援センター機能

 2市3町委託の相談事業所と連携し、専門・総合的な相談を行います。

◆宮城東部地域自立支援協議会事務局機能

 2市3町で構成している「宮城東部自立支援協議会」の企画・運営を、2市3町と協働して行います。

地域定着支援たんぽぽ

 居宅において単身等で生活する障害者を対象に、常時の連絡体制を確保し、緊急の事態等に相談その他必要な支援を行います。
 利用するためには市町から支給される受給者証が必要となります。

こども相談支援つくしんぼ

 こども相談支援つくしんぼ・こども相談支援つくしんぼ黒川のページへ

宮城県障害児等療育支援事業

 宮城県からの委託事業であり、2市3町にお住いの障害児・者とその保護者、並びに関係機関等に対して以下の支援を行います。これは、受給者証がなくても支援が受けられます。

◆訪問による療育相談

 相談者の家庭を訪問し、日常生活や療育・支援に関する相談に応じます。また、家庭環境における関係性や構造化などの助言・提案も行います。

◆外来による療育相談

 あとれに来援していただき、日常生活や療育・支援に関する相談に応じます。また、障がい児等の身体的あるいは言語的機能の必要に応じた機能訓練や指導、発達検査等も行います。

◆関係施設職員への療育相談

 保育所・幼稚園・学校・事業所などを訪問し、日常生活や療育・支援に関する相談に応じます。また、物理的・人的環境における構造化などの助言や提案も行います。

交通アクセス

住所:宮城県宮城郡利府町利府字八幡崎63番1
電話:022-352-1501 FAX:022-352-1502

このページの先頭に戻る